FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと危険な新宿物語

極寒の新宿で、ちょっと危険な体験が2つほど。


まずは1件目。

声かけて微妙な反応だったので、
反転して元の場所に戻ろうとしたところ、
後ろを歩いていた男にぶつかりそうになってしまう。

後ろを歩いていた男「なんだよ、おまえ」

このとき男Aは、イキった大学生がまた調子に乗ってるのかと思い、
舌打ちのあと「ああ?」と言って、睨みつけるように振り返る。


んが、よく顔を見ればとんでもなくいかつい顔したおっさんだったので、

(これはマズイ…)


睨みつける顔そのままで、
少し足早に立ち去る男A。


逃走成功。


その後、場所を変えて声かけ。



微妙な反応が続き、
ちょっと焦りが出てきていた頃、
2件目。


微妙な反応の女Aとの会話の最中に、後ろから謎の男が二人の間に入ってきた。


謎の男「はい、ドーン!!」


もちろんそこで女Aとの会話は終了。

本来であればこんな男はスルーが懸命だが、
あまりにイラっときたので話しかける。


男A「え、お兄さん誰っすか?知り合い?どっかで会いましたっけ?」

謎の男「いや…」

男A「え、じゃあなんすか?さっきの?だいぶ馴れ馴れしくきたから知り合いかなと思って。
知り合いなんだったらイェーイ!」

と言って、手を挙げてハイタッチ待ちのポーズ。

の後、謎の男とハイタッチ。

おれも謎の男もよくわからない現状に戸惑う。

謎の男「誰とも仲良くなる人…?」

男A「え、なんすか?」

謎の男「いや、なんでも。何してんの?」

男A「いやいやお兄さんこそ何してんすか?知らない人に向かってぶつかってきて」

聞けば謎の男は朝、どこぞのナンパブログを見て町に出てきたらしい。

そこでおれが声かけしてるのを発見。
おれのことをホストだと思い、
ホストのナンパはムカつくという理由から邪魔しにきた。
らしい。

男A「いやいや、おれ一般人ですよ?」

その後、謎の男から
・ナンパして捕まったりしない?
・新宿はそういう服装がウケが良いの?
・どこで声かければ良いの?
とか色々聞かれる。

かわいいおっさんだった。

・捕まることなんてない
・服の好みなんて人それぞれ。
・場所なんてどこでも良い

と男Aの3分ナンパ講習の後、

男A「てかまず余計なこと考える前にやった方が良いっすよ。
知らない男のナンパ邪魔する度胸あるなら、声かけましょうよ。
おれの邪魔してる場合じゃないっすよ」

ってことで指名してあげるが、
案の定、無理らしいので、
おれが出撃。

これがまたクソ反応悪く、
なおかつイラっとくる話し方をする。


男A(はぁ…なんで今週こんなクソなことばっかなんだろ。)

と思いつつ、
男Aのダサい捨て台詞

「ダッル!!」

で放流。

まだ謎の男がおれの近くをうろついていたが、
さすがにシカト。


仕事のストレスがだいぶ溜まってたんだと感じた。


仕事で上司に言い負かされた悔しさを
新宿で喧嘩を売ってきた男二人にぶつけてしまった感がある。


今週もだいぶみっともないことさせてもらいました。


はぁ…


こういうことした後って、
なんかモヤっとしたものが残るからイヤね。


仕事もナンパも全部やめて、
お坊さんになりたいわ。





にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nananaxyz

Author:nananaxyz
都内で細々ナンパ活動中。
様々な意識高い系野望?を持ちながらナンパの世界で戦います。
この男の成長にこうご期待!
かっこつけてもOPPAI。バカみたいに叫ぼうとOPPAI。
Twitter:@jannnnerabc123

フリーエリア

バナー

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。